メディプラスゲルお試し.jpはもう利用できません。 代わりにmediplus-orders.jpにアクセスしてください。

基本のスキンケア法

健康で美しい素肌を保つためには、スキンケアが欠かせません。健やかな素肌を作れば、メイクののりもいっそう良くなります。
こちらのページでは、スキンケアの基本をお伝えします。

スキンケア用品の種類


クレンジング…顔のメイクや日焼け止めを落とすために使います。

化粧水…美容液やクリームをなじみやすくするために、肌を保湿して整えます。

美容液…美容成分が凝縮されたもので、肌に良い成分を角質層に届けます。

乳液…水分と油分を補い、肌を柔らかく保ちます。乾燥肌タイプの人は使用することをおすすめします。

クリーム…乳液よりも油分が多く、主に肌に油分を補うために使います。

皮脂の分泌が多い人は、乳液やクリームが必要ない場合もあるので、自分の肌タイプを把握することが大切です。

基礎化粧品の選び方

上記で紹介した基礎化粧品を選ぶ際に、気をつけたいことがあります。

まず、自分の肌のタイプを知りましょう。朝、洗顔前の肌の状態で判断します。
乾燥して突っ張るような感じがするなら、水分、油分どちらも少ない乾燥肌。
全体的に皮脂が浮くようなら水分と油分どちらも多い脂性肌。
皮脂がべたつくところと乾燥しているところが混在するなら、水分が少なく油分が多い肌。
べたつきも乾燥もないなら、水分が多く油分が少ない、理想とされる肌。

また、肌質は年齢や健康状態によって変わりますので、定期的にチェックしてみてください。


自分の肌に合わせた化粧品を選びましょう。
基本の考え方は、「足りないものを補う」「多い成分を控える」です。
油分が多いタイプは油分が控えめの商品、水分が足りないタイプは保湿重視の商品など、肌質によって合う商品が異なります。

人には合っていても、自分には合わない、ということもありますので、自分の肌と相談しながら合うものを探しましょう。
また、値段が高いからといってより良い成分とは限りません。大切なのは、毎日継続して使える価格帯で、かつ自分の肌質にあったものを選ぶことです。

基本のスキンケアの手順

基本のスキンケアの手順をご紹介します。スキンケア前には、手を洗って清潔にし、髪を後ろにまとめておきましょう。髪をまとめておくと、顔のすすぎ残しも防げます。

クレンジング
まず、アイメイクを専用リムーバーで落とし、その後適量のクレンジング料を取り、額・頬・鼻・アゴにのせます。
そのクレンジング料を両手で、顔全体にやさしくなじませます。なじませたら、ぬるま湯で洗い流します。

洗顔
洗顔料を良く泡立て、額・両頬・鼻・アゴにのせ、Tゾーンから指を滑らせ、肌を優しくなでるように洗います。泡立てが苦手な方は、洗顔ネットを使うと簡単にきめの細かい泡が作れます。
ぬるま湯で、すすぎ残しがないようにしっかりと20回ほど洗い流した後、清潔なタオルをポンポンとあてて水分を拭き取ります。



化粧水
手のひらに適量の化粧水をとり、頬から順に手のひら全体でゆっくりと押し当てるように浸透させていきます。乾燥している部分は、もう1回化粧水を重ねづけしてください。
洗顔後の肌は乾燥しやすいので、化粧水はできるだけ洗顔の後すぐにつけるようにしましょう。

美容液
手のひらに適量の美容液をとり、化粧水と同じように頬から順に塗っていきます。手のひら全体を使ってゆっくりとハンドプレスをして浸透させていきます。乾燥が気になる部分は重ね付してください。

■乳液/クリーム
乾燥しやすい目元・頬などを中心に、手のひら全体を使ってゆっくりと押し当てるようになじませます。量が多すぎると肌の負担となる場合もあるので、最初は少なめにとり、必要であれば徐々に追加していきましょう。


© 2018 メディプラスゲルお試し.jp. All Rights Reserved.